創業からの歩み

創業前の歴史

昭和 13 年
創業者 林榮一(大正6年8月生)は、半田市内の鋳物工場への奉公の後、昭和13年日本海軍呉海兵団に入団。
14 年
昭和14年「戦艦日向」の工作兵基礎員として、横須賀海軍工機学校において機械加工、旋盤加工、溶接技術を取得。
20 年
戦艦大和の公試運転立会、レイテ沖海戦などを経験し、昭和20年、戦艦日向は呉沖にて撃沈、終戦復員。

創業後の歴史

昭和 21 年
7月 豊橋市菰口町にて、「林酸素溶接所」創業
昭和 31 年
4月 有限会社 第一林製作所 法人組織移行
32 年
6月 豊橋鉄工会 設立
33 年
豊橋木材市売会より、工場用地を取得拡張
機械工場新設
39 年
林榮一、豊橋鉄工会第4代会長に就任(~50年)
41 年
株式会社に組織変更
製缶工場新設(旧ハヤシ鋳造所跡地)
58 年
初のNC機導入(大隈豊和製5VNC機)
59 年
東三河初の自動ガス切断機を導入
61 年
門形マシニングセンタMCV-20A(オークマ)導入
62 年
横形マシニングセンタMC80H(オークマ)導入
 
創業当初、会社前にて撮影(今の自宅前)
奥の子供が現社長、抱いているのが創業者榮一
 
現住所移転時の写真
平成 6 年
林幹政 代表取締役就任
13 年
マシニングセンター(MA-650VB・MB-56VB)導入
20 年
リーマンショック
26 年
大型機械工場新設
門形五面加工機 MCR-A5CII(オークマ)導入
27 年
横形マシニングセンタMB-8000H(オークマ)導入



MCR-A5CII(オークマ製)